CAREER BLOG 採用ブログ

25期生Right-onバトン第26弾★【社会人になって思う事】2019.01.07

新年あけましておめでとうございます!

ライトオン人材開発チームの原田です!

 

 

今年も明けましたね~!めでたいめでたい!

 

 

皆さんは新年の目標を立てましたか!?

 

私は、『挑戦』『価値を生む』の2つを目標掲げて1年過ごそうと思います!

 

『挑戦』は、新しい事に挑戦、自分自身に挑戦という意味で、

『価値を生む』は、自分の行動した結果生まれる価値をいかに最大化するか、

同じ1時間でも最大の価値を生み出せるように、という意味です!

 

皆さんも自分なりに目標を立てて行動してくださいね!!!

 

 

 

 

 

ということで【Right-onバトン★】第26弾です!

 

今週からテーマが変わります!

 

テーマは「社会人になって思う事」です

 

ライトオンに入社した新入社員は

学生から社会人になり何を感じているのでしょうか?

 

早速見てみましょう!

 

 

では25期生ライトオンバトン、第26弾は、

大阪ブロック配属になったこの人!

□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

テーマ:社会人になって思う事。 公文優弥

 

 

社会人になって一番感じた事はやっぱり責任感の違いです。

 

学生時代のアルバイトの時、ライトオンでの研修アルバイトの時は正直、

社会人になった時のイメージとか湧かなく

少し軽い気持ちで考えていました。

 

 

 

しかし、

実際社会人になってみるとアルバイトの時とは180度変わって

っかりと自分の行動には責任を持って行かないといけないと感じましたね。

 

業務面・販売面・その他に対して

アルバイトやスタッフに自分の後を着いてきてもらうためには

やはり自分の存在を行動で見せていかないといけないので、

そこはすごく学生の時に持っていた社会人としてのイメージとのギャップを感じました。

 

 

でも、

大変な事、辛い事もたまにはあるかもしれませんが、

いざ何かを成し遂げたり、周りの人から評価されるその瞬間はたまらなく嬉しいですし、

頑張って良かったと思える瞬間ですね!

その瞬間をもう一度味わうためにまた頑張ろうとも思えますし!笑

 

そこが、アルバイトと違って社会人になった時にしか感じられない「やり甲斐」だと思います!

それと、周りのスタッフ・仲間の方もすごく優しい方ばかりなのですごく心強く頼れる方々ばかりなので仕事も楽しく充実しています。

 

 

 

休みの日は学生の時みたく存分に遊べるのでそこもかなり良いところですね!

 

楽しく充実できる仕事場はライトオンだからこそだと思います!

是非皆さんと一緒に働けることを楽しみにしています!

□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

公文さん、ありがとうございました!

 

「責任」と「やり甲斐」。

この2つが今回のブログで伝えたいことですね!

 

確かに社会人になると責任が伴うので、

学生の時みたいに適当に物事を決めることが出来なくなります。

もちろんプレッシャーを感じる時もあります。

 

 

 

しかし、その負荷を乗り越えるからこそやり甲斐を感じることができ、

「仕事が面白い!」と感じるポイントだと思います!

 

責任が伴うし簡単に結果が出るわけではないので、

だからこそ何かを成し遂げた時の達成感ややり甲斐は学生だと感じれないものがあります。

 

 

 

皆さんもぜひ社会人は責任とやり甲斐が隣り合わせであることを覚えておいてください!

 

次回の更新は来週月曜日です!

お楽しみに!

JAPANESEJAPANESE ENGLISHENGLISH
Menu